月別アーカイブ

お陰様で8周年!!!  本気なレザーBAG!!!

   ミイタケオヤシン!!

3月3日
皆様のお陰で、ブルーコーンパーティーも8周年を迎える事ができました!!!

ホントに感謝感謝でございます。

週一ショップに去年なってから、物凄く皆様にご迷惑おかけしてしまってますが

俺が大きくなる為に大きな愛でこれからも見守ってください。

 

そしていつか皆様に恩返しできる様にこれからも精進いたします!!!

 

さてさて話しは変わります!!

今回は、

鹿革ディアスキンのヌバック(吟スリ)を燻製仕上げしたスモーク革!!!

の紹介です!!!

ネイティブアメリカンも良く使う定番の鹿革です。

2013-03-03 12.44.22.jpg

ですが。。。

日本では、あまり見かけません??

何故??

臭いからです。

思いっきり燻製の匂いがプンプンなのです!!!!!

 

満員電車なんて絶対乗れません。。。

 

でもカッコイイのです!!!

普通の染料で染めた物とは、格段にテクスチャーが違うのです。

 

匂いなんて気にしないぜっ!!って方は、俄然オススメなレザーです!!

それでは、最近のこの子の作品紹介じゃ!!!

先ずはメディスンバック

2013-03-03 16.06.13.jpg

盛り上がったオイラは、サイドのフリンジのみネジネジしてみました!!!

(本来のフリンジの意味は、中に入ってる薬を雨で濡らさない為に、雫がフリンジを
伝って流れる様に全部をネジネジするんですよ)

中身はこんな感じ

2013-03-03 16.05.30.jpg

ナチュラルな感じをそのまま感じさせるデザインにしてみました!!

そしてお客様と散々悩んだ結果、最終形はこんな感じになりました

どぉぉぉぉぉぉ~ん!!

2013-03-10 16.44.15.jpg

ナバホ族のバックルどぉ~ん!!!

間違いない!!!

我ながら100点の完成度!!!

お客様もスゲー喜んで頂きました!!!

Y様オーダーありがとうございました!!

 

さてさてお次は

ショルダーバックの巻

今回のミッション

*大人な感じ

*目指せネイティブ感0

*A4の書類が入る大きさ

さぁいってみましょう!!

先ずは大まかなBAGを作ります。

2013-03-10 17.20.28.jpg

そしてデザインを施していきます。

同時に使う用途に合わせて、イメージを膨らませていきます。

その過程で、ディアスキンの特徴でもあるしなやかな柔らかさが

今回はネックに。。。

書類を入れたときでも、しっかりBAGの形を維持したい。

うぅ~む???

悩む???

そんな時、青春時代共に過ごして来た

当時フリーマーケットでGETしたLLBEANのBAGの事を思い出した。

そうだっ!!

あのスタイルで、作ろう!!!

そして辺りを見渡した。。。

あったぁぁぁぁぁぁ~

コイツやっ!!!

見つけたのコイツ

2013-03-17 17.54.52.jpg

そうみんな大好きビニール傘

コレをどう使うかって???

答えはこれ

2013-03-17 18.06.25.jpg

容赦無く傘を破壊して、真ん中の鉄パイプが欲しかったのじゃ!!!!!!

これに革を巻きBAGのヨレ防止にするのです!!

2013-03-17 20.33.55.jpg

そして完成したのがコチラ

2013-03-17 20.32.06.jpg

全体のヨレも防止する為にも、コバには薄いサドルレザーでパイピング!!

惜しみなく手間かけてます!!

勿論全て手縫いです!!

サイドビューはこんな感じ

2013-03-17 20.33.30.jpg

底の部位や角のダメージを受けそうな部分は、サドルレザーでタフな作りに
そして同時に立ち上がりまで伸ばす事で
ヨレも無くしています。

内側の作りはシンプルに

2013-03-17 20.34.30.jpg

モデルは悪いですが

見に付けるとこんな感じです

2013-03-17 20.40.33.jpg

使い込めばドンドンカッコ良くなります!!!

コレで完成ではありません!!!

ココから使い込んで完成していくBAGです!!!

 

スモークレザーならではの魅力が少しでも伝われば嬉しいです。

是非一度、このスモークレザーを感じてみたら虜になる事間違いないです!!!

気になる方は、お店に遊びに来た時お見せしまっせ!!!

 

ブログが久々過ぎていっぱい書いちゃいました。

次回は「また近いウチに書きます!!

 

smile for all BCP

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.bluecornparty.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/316

このページのTOPへ